CHALLENGE
JAL OODA 自ら考え行動に移す自律型の社員となる

JGSグループでは、自ら考え行動に移す自律型の社員の人財育成に力を入れています。
まずチャレンジする。一人ひとりの行動がJGSグループの未来を創っていく、を合言葉に。

JGSグループの
先端技術に関する取り組み

JGSグループでは、働き方改革、業務や器材の近代化や自動化、多様性の推進を早期に実現するため、先端技術の検討プロジェクトを立ち上げ、自主的に活動しております。

また、複数の大手企業と協力し先端技術の開発にJGSも全面的に協力することで、より働きやすい環境の構築に向けて、グループ一丸となって取り組んでおります。 現段階では、「パワードウェア」、「RTTロングリーチ(ベルトローダーの延伸装備)」を導入し、荷捌場における手荷物の積み下ろし作業や、航空機貨物室内等での搭降載作業の負荷軽減を図ることで、女性や高齢者も活躍できるような職場環境の構築を目指しております。数年先は、自動運転トーイングトラクターがコンテナ・カートをけん引し、ランプ内を自動で走行できるよう実証実験をおこなっている段階です。

過去から、グランドハンドリングは「人の手による作業」が欠かせないものでした。それは、ただ作業を行うだけでなく「人の判断を要する作業」であるからです。 先端技術を活用することにより、これらの作業もすべて自動化や単純化、或いは作業負荷の軽減が可能となり、現在よりさらに安全・安心で正確な業務を行うことができます。また、社員はタブレット端末を使用したワークスタイルに変わりつつあり、さらに発展させて情報共有・進捗情報の可視化などによる、一層の効率化や快適さを実現することができます。

これまで培ってきた社員の業務スキルに先端技術をプラスすることは、安全品質と生産性の向上につながるとともに、多様な人財活躍の推進にも大きく寄与し、企業や社員の可能性をさらに広げることができるため、JGSグループでは「前向きに、楽しみながら」をモットーに先端技術を率先して導入してまいります。

  • 手荷物 Sorting/Making

    ATOUN

    • ・女性/シニア社員の職場環境改善とグラハン作業パワーバリアレス化に伴う雇用促進
    • ・荷物の持ち上げ/卸しのアシスト効果による重量物を取り扱う部署での安全品質向上
    • ・腰部への負担軽減/長時間作業による疲れ度合いの軽減
  • 搬送 Transferring

    自動運転TT

    • ・手荷物・貨物郵便物搬送の自動化(無人化)による人員効率化
    • ・手荷物・貨物郵便物搬送の多頻度化による作業利便性の向上
  • 搭降載 Loading

    RTT

    • ・B737DoorSideまでベルトを引き延ばすことで、搭降載時の作業負荷軽減
    • ・ULD/CART内まで引き延ばす事で、作業負荷軽減と落下リスク抑制
Copyright® JAL Ground Service Co., LTD.
All Rights Reserved.
JAL HOME
  • Copyright® JAL Ground Service Co., LTD.
    All Rights Reserved.