JALグランドサービスの仕事 Our Business 09
  • 業務サポート

  • - 安全・定時性・品質を陰で支える間接スタッフ -

現場を整えることが
皆さまの満足につながる

搭載や誘導、貨物など、グランドハンドリングには多くの職種があります。そこで働くすべての人に共通するのは、安全とお客さまのためを想って仕事に就いていることです。

そんな第一線の現場で働く社員をサポートするのが間接部門となります。それぞれのフィールドで仕事がスムーズに行えるよう、空港との調整をするほか、社内の人財育成や配置、器材の調整、よりよいサービスを提供するための企画運営など、その業務は多岐にわたり、グランドハンドリングの現場スタッフを支えています。

この間接部門の社員のほとんどは現場を経験しています。なので、現場の仕事の大変さや問題点などを的確に把握し、改善するために日々奔走しています。

現場で働く人たちが集中して仕事ができること、そして働く環境を整えること……それが安全と品質を向上し、お客さまの満足につながります。間接部門のスタッフも現場のスタッフ同様、お客さまの笑顔を思い浮かべて、日々の業務に取り組んでいます。

また、長年にわたる航空機客室や機外クリーニング作業で培った技術・技能を応用して、JGSグループではビルメンテナンス事業も展開しています。建物の清掃や設備管理、ホテルの客室整備を中心に幅広いサービスを提供し、航空機を利用するお客さまだけでなく、より多くのお客さまに「満足」を届けているのです。

スタッフ紹介

より広い視野で
航空業界全体を見渡す

對馬陽介は現在、JAL本社に出向し、空港業務部・支店運営グループに所属。国内9空港、海外8空港を担当し、空港運営全体を円滑に行えるように施設や予算の管理、社内外との交渉など、その仕事は多岐にわたる。

大学時代に航空業界に興味を持つようになったという對馬は、JALグランドサービスに入社して成田空港で搭載課に配属された後、間接部門に異動。そして、現在に至る。

「グランドハンドリングという仕事に魅力を感じて入社した自分が、こうしてJAL本社で働いていることは不思議な感じもします。ただ、より広い視野で航空業界全体を見て関われる面では、学生時代に思い描いた働くイメージに近いのでやりがいを感じますね」。

貴重な新路線就航も
運営サポート

JALグループでは会社間の人材交流が盛んで、JAL本社にもグランドハンドリングの現場を経験しているスタッフが多いという。

こうして活躍の舞台をJGSの「外」に移した對馬。そこには、エアラインにいるからこその充実感があった。

「2015年11月に成田−ダラス・フォートワース線が開設され、このプロジェクトに参加することができました。開設準備に携わるいくつもの部門と関わるなかで、担当領域だけでなくエアラインの全体像を知ることができ、とてもいい経験になりました。時間をかけて準備をしたプロジェクトがこうして形になったときの達成感は、何ものにも代え難いですね」。

外から見てわかった
JGSのクオリティ

その一方で、JGSを「外」から見ることでわかったJGSのすごさがあるという。

「安全や品質、定時性はもちろんですが、それらを確保したうえで、各仕事の技術も高いレベルを保っていることがよくわかります。海外のエアライン会社から『あの品質が欲しい』と言われたという話も聞きます。そういう話を聞くとやっぱり誇らしいですし、世界のグランドハンドリングの目標とされる会社にしたいと思います」。

對馬自身もJGSで学んだ「気配り」「気遣い」「連携」が今の仕事に活きているという。そんな「グラハン魂」を胸に、現場を良くするために對馬は奔走する。

活躍する噂を聞くことが
何よりの喜び

「関わった社員が全国各地で活躍している姿を見たり、話を聞いたりするのは嬉しい限りですね」。

そう語るのは、JGSグループの社員教育を一手に引き受ける塚野愛。人事教育グループでのキャリアは12年にもおよぶスペシャリストだ。例えば、班長になった社員に対して、班長という立場での仕事への取り組み方や心がけることを伝えるなど、社員一人一人の節目での教育をはじめ、他のJALグループ社員向け教育にも携わっている。

現場第一を忘れずに
気持ちの部分をサポート

日々の各現場で先輩社員や直属の上司が指導するそれぞれの業務に対して、塚野が担当するのは仕事に対する意識や考え方の部分。それだけに、難しさと特に注意していることがあるという。

「最も感じるのは言葉の重要性です。言葉の選び方や伝え方で、意味や感じ方がガラリと変わってしまいます。全社員のベクトルを合わせるために、どのように伝え、伝わっているのかという部分に注意しています。また、現場の社員が『明日からも頑張って仕事をしよう』と思えるように、私自身が現場第一ということを忘れないようにしています。社員のモチベーションアップがJGSグループの根底にある『安全』『定時性』『品質』につながるからです」。

行動の先にお客さまが
いることを忘れずに

さらに塚野は続ける。

「グランドハンドリングという仕事は、客室乗務員や旅客カウンタースタッフと比べると、お客さまと直接接する機会がそれほど多くありません。しかし、一つの行動、仕事の先には確実にお客さまがいます。そのことを忘れずに日々の業務に取り組むことを強く意識して、多くの場面で社員に伝えています。ただ、JGSグループは熱い気持ちや想いを持った社員が多くいます。なので、教育担当という私の立場でこちらから押し付けるのではなく、その部分は大切に尊重するように心がけています」。

特に『お客さま』に対する考え方や意識は、多くの社員の口から聞くことができる。JGSグループという組織全体にこのことが浸透しているのは、塚野の功績が大きい。

すべてのきっかけは
鳥人間コンテスト

「鳥人間コンテストがすべてのきっかけです。パイロットになることが子どもの頃からの夢で、航空工学を学ぶ大学に進学もしました。そこで鳥人間コンテストに出場して気付いたんです。航空機はパイロットだけでは飛ばせないということに。それで、航空機の運航をささえる仕事に興味を持つようになり、グランドハンドリングという仕事に出会いました」。

そう語るのは橋本隆彦。現在、JALグランドサービスの福岡支店で総務を担当する。

「それからもう一つ。鳥人間コンテストでは、目標に向かってチームが一つになっていました。その『チーム一丸』という感覚がとても心地良くて、そんな会社で働きたいと思いました」と橋本は付け加えた。

現場を支える役割に
強い興味が湧く

「グランドハンドリングという仕事はチームワークが大切で、航空機を安全に時間通りに飛ばすためには、チーム内の協力とチーム間の連携が欠かせません。どのスタッフもその意識は共通していて、会社全体が一つのチームであると感じます」。

もともと成田空港で機体業務と手荷物業務に6年間携わっていた橋本は、一転して間接業務かつ福岡支店勤務となった。

「航空機のそばで働く仕事から離れ、しかも馴染みのない福岡の地で働くことに、多少の戸惑いはありました。でも、現場を経験した後ということもあって、間接部門からグランドハンドリングに関わること、現場を支える仕事への興味が強かったです」。

スタッフの負担を軽減
それが安全につながる

とはいえ、畑違いの仕事は苦労も多いはず。

「ここでの私の仕事は、一般的な総務が担当する業務だけでなく、経理に関することも仕事の一つですし、『パソコンの調子が悪い』、『蛍光灯が切れた』と言われれば駆けつけます。ある意味、なんでもやりますね。ただ、こうした仕事を私がやることで、現場スタッフが自身の仕事に専念でき、それが航空機を安全に飛ばすことにつながるので、喜んで引き受けますよ」。

「羽田や成田のようなグランドハンドリングスタッフが1000名を超える空港と比べると、福岡空港は300名ほどの規模なので、社員同士の距離感が近く、総務という間接部門にいながらも、現場との一体感やチーム意識が感じられます」と話す橋本。その肩をポンと叩いて笑顔を向けながら通り過ぎる現場スタッフ。そこには現場と間接の壁はなく、同じ仲間としての信頼が感じられた。

Copyright® JAL Ground Service Co., LTD.
All Rights Reserved.
JAL HOME
  • Copyright® JAL Ground Service Co., LTD.
    All Rights Reserved.