JALグランドサービスの仕事 Our Business 09
  • 業務サポート

  • - 安全・定時性・品質を陰で支える間接スタッフ -

現場を整えることが
皆さまの満足につながる

搭載や誘導、貨物など、グランドハンドリングには多くの職種があります。そこで働くすべての人に共通するのは、安全とお客さまのためを想って仕事に就いていることです。

そんな第一線の現場で働く社員をサポートするのが間接部門となります。それぞれのフィールドで仕事がスムーズに行えるよう、空港との調整をするほか、社内の人財育成や配置、器材の調整、よりよいサービスを提供するための企画運営など、その業務は多岐にわたり、グランドハンドリングの現場スタッフを支えています。

この間接部門の社員のほとんどは現場を経験しています。なので、現場の仕事の大変さや問題点などを的確に把握し、改善するために日々奔走しています。

現場で働く人たちが集中して仕事ができること、そして働く環境を整えること……それが安全と品質を向上し、お客さまの満足につながります。間接部門のスタッフも現場のスタッフ同様、お客さまの笑顔を思い浮かべて、日々の業務に取り組んでいます。

また、長年にわたる航空機客室や機外クリーニング作業で培った技術・技能を応用して、JGSグループではビルメンテナンス事業も展開しています。建物の清掃や設備管理、ホテルの客室整備を中心に幅広いサービスを提供し、航空機を利用するお客さまだけでなく、より多くのお客さまに「満足」を届けているのです。

スタッフ紹介

ここはまるで部活!?
学生時代の経験が活きる

髙取香織が就職活動をしていたのは、「就職氷河期」と言われた時期。それだけに、なかなか結果を残せないでいた。そんなときに大学OBから紹介されたのがJALグランドサービスだった。

「特別、飛行機が好きだったわけでもなかったので、JALグランドサービスのことはあまり知りませんでした。でも、会社の話を聞いて『すごく面白そうな会社だな』と思ったんです」と髙取は当時を振り返る。

「学生時代はラグビー部のマネージャーをしていました。私がJALグランドサービスに入社した頃は、今以上に男性比率が高かったのですが、全く気になりませんでした。むしろ部活みたいで楽しいと感じていたほど。マネージャーの経験が役に立っていたんですね」と笑顔を見せる。

多岐にわたる経験で
生まれた人とのつながり

そんな髙取の経歴は多岐にわたる。まず誘導や旅客で現場を経験した後、2年の産休。その後、復職して総務・業務に配属。その後、10年ぶりに誘導へ復帰した後に業務を数年経験し、さらに貨物を2年弱経験。そして、JALグランドサービス本社の業務サポートとJALの出向を兼務して、2017年4月からJAL出向となった。実に多くの部署を歩んでいて、その経験が今も活かされているという。

「これまで多くの部署で色々な仕事をさせていただいて、そこで関わったことがある人と改めてお会いすることがあります。仕事をしていくうえで、人のつながりは本当に大事だと感じています」と語る髙取。

JAL出向で広がった
新たな世界と視野

「現在JALに出向しての主な業務は、航空機の離発着に関する器材を管理することです。扱っているのは、たとえばトーイングカーやタラップなどですね。JALグランドサービスでは成田、羽田、大阪、福岡、札幌の5空港でしたが、JALに出向となったことでJAL機が離発着している全国の空港が担当エリアとなりました。より広い視野で物事を見ることが、やりがいとなっています」。

長く、そしてさまざまな経験を積んできた髙取だが、JALに出向したことで、新たな世界が広がったのだ。

女性が働きやすく
活躍できる環境づくり

JALグランドサービスは以前よりも女性が働きやすい環境作りが整ってきていると髙取は言う。

「産休・育休はもちろん、復職後の勤務時間も考慮してくれています。その点では、私が出産した頃よりも大きく改善され、女性も安心して働ける環境づくりがされていると思います。それから、現場での作業は女性にとって体力的に厳しい、難しいケースが出てきます。たとえば、重い荷物を持ち上げたり。そんな時は男性がフォローしてくれます。グラハン男子は優しいんですよ」と笑う。

グランドハンドリングの世界は男性社会だと思われている。だが、女性でも活躍できる場が数多くあり、環境も整えられている。それは髙取の活躍が物語っているのだ。

今ではなく先に待つ喜び
それが大きなやりがい

会議室の一室で熱弁を振るっている。相手の中には自身よりも年齢が上の人もいるが、臆することなく、ときに厳しく、ときに温かく、熱のこもった言葉を投げかけていく。

「気持ちや考え方、意識は目に見えないので、『しっかり伝わっているのか』という難しさはありますね。でも、その先に嬉しさが待っているんです。それが大きなやりがいでもあります」。

三本亮。JALグランドハンドリングで人財教育や採用を担当する三本は、研修を終えた安堵と充実感に満ちた表情で語る。

畑違いの部署への異動
これはチャンスでしかない

「飛行機はもちろんですが、空港の空気、雰囲気が好きなんです」。そう語る三本はJALグランドサービスに入社し、トーイングやプッシュバックをする誘導でキャリアをスタート。約3年半、誘導で仕事に励んだ後、間接部門の総務に異動。しかも勤務地は羽田空港から福岡空港へと移った。
「誘導ではまだ一人前とは呼べない状況だったので、やり残した感じや寂しさはありました。でも、一つの仕事を極めるスペシャリストに憧れる反面、色々な経験をしたいと考えていたので、全く違う部署、知らない土地に行くことができるというのはチャンスだと思いました」。
福岡での総務を経て成田へ、そして今、三本は羽田に戻り人事教育グループに籍を置く。

「色々な場所で多くの人と関わってきたことは私自身の財産でもあり、強みです」と三本は話す。

安全かつ時間通りに
重要なのは社員の意識

三本の主な仕事はJALグランドサービス社員の人財教育で、班長・主任・係長という階層別教育やキャリアセミナーを担当。例えば、新任の主任に対して主任の役割やその立場での仕事への取り組み、意識を伝えることが三本の役割だ。

「目には見えないですが、行動には表れます。研修やセミナーの後、各職場で活躍している姿を見たり、『取り組む姿勢が変わったね』といった話が聞こえてきたりすると、嬉しいですよね」。

これが「先に待っている嬉しさ」だ。航空機を安全かつ時間通りに飛ばすためには、社員の意識や仕事に対する気持ちが大きく関わり、その一助として三本の働きがあるのだ。

人を大切にする
チームJGSの魅力

そして三本は、グランドハンドリングという仕事を、もっと多くの人に知ってもらいたいと考えている。

「グランドハンドリングは裏方の仕事で、お客さまと直接接することがないと思われています。でも、お客さまから『見られる』仕事です。そして、運航する航空機の空港内での最後となる要の仕事。とても重要な役割を担っているのです」。

そう語る三本は最後に付け加えた。
「JALグランドサービスは『人』を大切にする会社。いい意味で人を放っておかないんです。とことん受け入れるし、サポートもする。そこが大きな魅力ですね」。

チームJGS。そこで働く人々の気持ちを高め、サポートする。その先頭で三本が旗を振り続けていく。

すべてのきっかけは
鳥人間コンテスト

「鳥人間コンテストがすべてのきっかけです。パイロットになることが子どもの頃からの夢で、航空工学を学ぶ大学に進学もしました。そこで鳥人間コンテストに出場して気付いたんです。航空機はパイロットだけでは飛ばせないということに。それで、航空機の運航をささえる仕事に興味を持つようになり、グランドハンドリングという仕事に出会いました」。

そう語るのは橋本隆彦。現在、JALグランドサービスの福岡支店で総務を担当する。

「それからもう一つ。鳥人間コンテストでは、目標に向かってチームが一つになっていました。その『チーム一丸』という感覚がとても心地良くて、そんな会社で働きたいと思いました」と橋本は付け加えた。

現場を支える役割に
強い興味が湧く

「グランドハンドリングという仕事はチームワークが大切で、航空機を安全に時間通りに飛ばすためには、チーム内の協力とチーム間の連携が欠かせません。どのスタッフもその意識は共通していて、会社全体が一つのチームであると感じます」。

もともと成田空港で機体業務と手荷物業務に6年間携わっていた橋本は、一転して間接業務かつ福岡支店勤務となった。

「航空機のそばで働く仕事から離れ、しかも馴染みのない福岡の地で働くことに、多少の戸惑いはありました。でも、現場を経験した後ということもあって、間接部門からグランドハンドリングに関わること、現場を支える仕事への興味が強かったです」。

スタッフの負担を軽減
それが安全につながる

とはいえ、畑違いの仕事は苦労も多いはず。

「ここでの私の仕事は、一般的な総務が担当する業務だけでなく、経理に関することも仕事の一つですし、『パソコンの調子が悪い』、『蛍光灯が切れた』と言われれば駆けつけます。ある意味、なんでもやりますね。ただ、こうした仕事を私がやることで、現場スタッフが自身の仕事に専念でき、それが航空機を安全に飛ばすことにつながるので、喜んで引き受けますよ」。

同じ仲間として感じる
一体感とチーム意識

「羽田や成田のようなグランドハンドリングスタッフが1000名を超える空港と比べると、福岡空港は300名ほどの規模なので、社員同士の距離感が近く、総務という間接部門にいながらも、現場との一体感やチーム意識が感じられます」と話す橋本。

その肩をポンと叩いて笑顔を向けながら通り過ぎる現場スタッフ。そこには現場と間接の壁はなく、同じ仲間としての信頼が感じられた。

ホテルと航空機
大きな違いに戸惑いも

「まさか自分が・・・最初は戸惑いもありました。飛行機が好きで、飛行機の側で働きたいと思って入社しましたから。それがホテルやビルになりましたから。でも、グランドハンドリングと近い部分がたくさんあるんです」。

そう語るのは松本将央。松本は成田空港で誘導と搭載の業務にそれぞれ2年半ずつ就いた後、間接部門に異動。総務を経験し、JALグランドサービス本社の運送企画グループで人員計画やマニュアル作成、JALへの出向で同様にマニュアル作成を経て、現在のビルメンテナンス事業へと異動になった。

最高のサービスの提供
それは航空機もホテルも同じ

ビルメンテナンス事業は、JALグランドサービスのなかでも特殊な部署で、唯一、空港外の会社がクライアントとなる。ビルやホテルの管理が業務の中心で、具体的にはホテル客室や商業施設、オフィスビルなどの清掃、維持管理をすることだが、実際に作業をするのではなく、それらの業務を委託する先の管理が主な業務。現在、同部署が手掛けるホテル・ビルは関東を中心に100軒近くにも上る。

「グランドハンドリング(空港)もホテルも24時間、365日、休みなく動いています。そして、お客さまに最高のサービスを提供することも共通です。そこにやりがいを感じています」。そう松本は語る。

グランドハンドリングの
技術と品質が活かされる

一見、全く異なる分野だが、多くの面でグランドハンドリングの技術と経験、そして何よりもJALグランドサービスの品質が活きている。

「例えばホテルの客室清掃では、チェックアウトからチェックインまでの短い時間で、すべての客室の清掃を終えなくてはいけません。それは、グランドハンドリングの客室と同じ。直結しているんです。効率良く、最高の品質で作業をするためにはどうすればいいか・・・そこに客室での技術や経験、ノウハウが活かされているのです」。

そう語る松本。そこには松本がこれまで歩んできた経験(マニュアル作成など)も存分に活かされていることは言うまでもない。

JALの看板を背負う
その意識を高く持つ

そして、航空機の客室と同等かそれ以上に高い品質を求められるホテルの客室清掃。そこで培われた技術と品質は、グランドハンドリングの業務へとフィードバックされ、相互で高め合っている。

「JALグランドサービスという会社ですが、一歩社外に出ると『JAL』と見られるので、その看板を背負っている、JALグループの一員であるという意識をつねに強く持っています。JALだから信頼されているという部分もありますので、その期待と要求に高い水準で応えるためにも、JAL品質のサービスを提供することは、航空機もホテルも同じです」。

もしかしたら出張先で宿泊したホテルにJALグランドサービスが関わっているかもしれない。我々が知らない場所で、そのサービスと品質が広がり、利用者を満足させているのだ。

Copyright® JAL Ground Service Co., LTD.
All Rights Reserved.
JAL HOME
  • Copyright® JAL Ground Service Co., LTD.
    All Rights Reserved.