JALグランドサービスの仕事 Our Business 04
  • 客室

  • - 快適な空の旅は整えられた座席から始まる -

清潔な機内を作り出す
チームプレー

フライトを終えた航空機は、休む間もなく次の目的地に向けて準備を始めます。給油や荷物の搭載など、地上でせわしなく準備が進む光景はよく見られますが、航空機の機内でも着々と用意が進んでいます。

客室スタッフの業務は機内の清掃と点検、備品を整えることが中心。お客さまがすべて降りた後の機内はピンと張りつめた空気が流れ、1チーム15名前後のスタッフが1分、1秒を惜しむように一斉に座席一つ一つを整えていきます。

シートまわりのゴミを片付け、ヘッドホンやブランケットなどの必要備品を用意し、機内誌を揃え、シートベルトを整え、テーブルを拭く……。これらの作業は役割を分担して行うチームプレーです。

一つ一つの作業を行いながら、さまざまなところに目を光らせ、指先を好感度センサーのように働かせています。小さなゴミはもちろん、機材の異常も見落とさないためです。

次のお客さまが快適に
空の旅を楽しむために

そしてもう一つ、客室スタッフにとって重要な仕事があります。それは機内放送の準備。フライト中にニュースを機内で放送するために、空港内のダビングルームで最新ニュースを録画し、各航空機に積み込みます。これも快適な空の旅をお届けするためのツールの一つです。

すべては、次に乗るお客さまが気持ちよく、くつろいで空の旅を楽しめるために……。それが客室スタッフの業務なのです。

スタッフ紹介

1分1秒も無駄にできない
到着後の機内

日本国内で1日の離発着数が最も多い羽田空港。とくに国内線の折り返し便は、次の出発までの時間がごくわずか。着陸後の機内では、次のフライトに向けてお客さまを迎え入れる準備が急ピッチで進められている。

「羽田空港の国内線は約40分で作業を終えなくてはいけません。1分1秒を争うなかで、確実に機内を整えて出発時刻に間に合わせるのは大変ですが、やりがいと充実感を感じています」。そう語るのは、初々しさが残る表情のなかにも、芯の強さが感じられる目が印象的な髙田康介だ。

身近だった飛行機
その傍で働きたい

髙田は2017年4月に入社。近くに大阪国際空港がある兵庫県宝塚市で生まれ育った髙田にとって、飛行機は身近な存在であり、飛行機に関係する仕事に就きたいと考えるようになったのは、ごく自然な流れだった。

「操縦士になることが夢のひとつだったのですが、身体検査で残念ながら私には適しませんでした。でも、やはり飛行機の傍で働きたいという気持ちが強くて、グランドハンドリングという仕事を選びました」。

そう語る髙田の顔に悔しさはなく、グランドハンドリングという仕事へのプライドが明らかに表れている。

わずか5秒に凝縮された
お客さまへの想い

さて、着陸後の機内に目を向けてみると、客室スタッフが次々に席を移りながら、流れるように作業をしている。シートベルトを整え、座席背もたれポケットの機内誌のチェックと並べ替えを行い、イヤホンを準備。同時に座面のゴミを床に落とす。ここまでの作業は、1席で約5秒程度。この作業と並行して、機内の床は別のスタッフが隅々まで掃除機をかけている。

「ゴミが落ちていないか、ということは特に注意しています。ゴミがないことが当たり前で、その当たり前を確実に作りだすことが客室スタッフの仕事です。我々にとっては数多い座席の一つですが、お客さまにとってはその席がすべて。だからこそ、気持ちの良い座席、機内にすることを意識してします」。そう語る髙田の口調には強い決意が感じられた。

世界トップレベルの
お客さま満足へ向け
自身に何ができるのか

多岐にわたるグランドハンドリングの業務の中で、髙田は客室業務を担当したかったという。そこに強い決意の理由があった。
「就職活動をしていた時、JALの顧客満足度は国際線では1位なのに、国内線は3位でした。理由はさまざまあるのですが、お客さまに近い客室の仕事を通じて、国内線もJALを1位にしたいと思ったことが大きいですね」。

そのために、髙田は「デイリーバリュースコア」というものを常に気にしている。これは、お客さまからのアンケートをリアルタイムで集計して毎日配信されるもので、お客さまが実際に触れ、時間を過ごす機内については意見が多く、その内容もシビアになりがちだ。その意見を受けとめ、改善することを心がけているという。

学生に伝えたい
JGSに詰まった熱意

こうしてグランドハンドラ―としての成長を目指す髙田。だが、その一方、別の夢もあるそうだ。
「多くの学生にグランドハンドリングという仕事の楽しさややりがい、JALグランドサービスという会社の熱い想いを伝えたいと思っています」。
これは自身の就活時の体験が強く影響しており、JALグランドサービスの人事担当者の話が入社する決め手の一つになったという。
「その人と出会わなかったら、その人の話を聞かなかったら、今ここにはいないかもしれません。それほど気持ちが込もった話をしてくださいました。私もそんな役割を担えたらと思っています」と語る髙田。
グランドハンドリングマンとして駆け出したばかりの髙田。日々の仕事ではもちろん苦労もある。だが、それ以上にやりがいを感じ、見つめる先には大きな夢が広がっている。

Copyright® JAL Ground Service Co., LTD.
All Rights Reserved.
JAL HOME
  • Copyright® JAL Ground Service Co., LTD.
    All Rights Reserved.