JALグランドサービスの仕事 Our Business 07
  • 機内用品

  • - 機内のすべての用品を一括管理 -

膨大な種類の機内用品を
確実に揃える

航空機の座席に座って目の前にある機内誌やイヤホンをはじめ、快適に眠るための枕やブランケットなど、機内で使用する用品を揃えているのが機内用品スタッフです。

一口に機内用品といっても、その数や種類は膨大です。例えばイヤホンとヘッドホンの違いがあったり、機内誌も種類があったり、ヘッドレストのカバーも色や柄が異なったりと、さまざまな違いがあります。これらは国内線と国際線で異なるだけでなく、路線や航空機の大きさによっても用意する物や種類が異なります。

各便によってこれらの用品を間違いなく用意することがもっとも重要なポイントです。そのため、多くの機内用品がひしめき合う広い倉庫のなかは、決まった導線が確保されているのはもちろん、どこに何があるかといった各用品の管理・整頓がしっかりと行き届いています。

機内サービスの快適さは
ここが支える

航空機は一度飛び立ってしまったら途中で物資を補給することはできません。かといって必要数を大幅に超える用品を積むこともできません。それは、機内で保管する場所に限りがあるほか、重量が増えてしまうからです。安全かつ環境に優しい(省燃費)フライトには重量が大きく影響します。

フライト中に客室乗務員がサービスを提供できるのも、すべては機内用品スタッフが必要な物を揃えているからにほかならないのです。機内用品スタッフは、お客さまの空の旅をより快適にするための縁の下の力持ちです。

スタッフ紹介

事前準備を進めることが
イレギュラーへの備え

所狭しとカートや段ボールが並ぶ広大な倉庫。JAL機の国内線と国際線だけでなく、海外エアラインも受託する成田空港の機内用品庫は特に広い。その庫内に休憩のアナウンスが響く。

「ちょうど今日の夕方便以降の準備が終わったところです。成田空港では、午前に当日夕方便以降を、午後に翌日の夕方便までを準備します。前もって準備を進めることで、イレギュラー時にスムーズな対応ができるようにしています」。そう話すのが、成田空港の機内用品を担当する原慎也だ。

搭載から機内用品担当へ
その戸惑いもプラスに

原は出身地の岐阜県で専門学校に通い、地上支援業務を専攻。成田空港では搭載業務を担当していたが、5年ほど前に機内用品へと転属することとなる。

「戸惑いがなかったと言えばウソになります。やっぱり好きな航空機のそばで働きたいと思ってグランドハンドリングという仕事を選びましたから。機内用品担当もグランドハンドリングのなかの一つですが、搭載の仕事とは全く異なります。その搭載での実践的な経験やスキルが活かせなくなってしまうので、予想外でした。でも、まったく違う経験ができるという意味では、自分にとってプラスになります。この先のグラハン人生でもこの経験が活きていくはずです」

許される時間はわずか8分
それを達成する連携作業

一日に成田空港を出発するJAL機は国内線、国際線を合わせて40便以上。さらに、受託している海外エアライン分を合わせれば、60便分以上を準備することとなる。

「1機分を用意する時間はたったの8分です。10人前後のチームで役割を分担して準備していくのですが、全員が『今どの路線分を作業しているのか』ということを把握していないと、とうてい間に合いませんし、間違った用品を準備してしまうというミスにもなります。なので、チーム内の意思の疎通やチームワークがとても大事になってきます。私たちが機内用品を確実に準備しないと、客室スタッフが機内を整えることができません。ということは、お客さまを機内にご案内できずに出発時間が遅れてしまいます。それは絶対に避けなくてはいけません」。

顔が見えないからこそ
お客さまを意識して

このように次のフライト準備のスタートという重要な役割を担う機内用品担当。加えて、航空機から離れたポジションにいるからこそ、心に刻んでいることがあるという。

「特に意識しているのは、『お客さまが手に取って不快に感じる物は提供しない』ということです。お客さまの顔が見えないからこそ、お客さまのことを常に意識する。当たり前のことですが、そこが最も重要だと思っています」。

座席で何気なく使っているイヤホンやブランケット一つ一つに、原をはじめとする機内用品スタッフの想いがこもっている。

Copyright® JAL Ground Service Co., LTD.
All Rights Reserved.
JAL HOME
  • Copyright® JAL Ground Service Co., LTD.
    All Rights Reserved.