ESG

安全を第一に考え、お客さまに満足していただける高品質なサービスを提供するために、当社では「社員行動基準」、コンプライアンス・リスク管理体制を実施しています。
行動規範を日々実行することで、社員一人ひとりが「頼れる人」として成長し、堅実な精神を保つための取り組みに全力を注いでいます。

JGSグループ「社員行動基準」

当社では、お客さまに信頼され、選ばれるJGSグループとなるために、JGSグループ『社員行動基準』を制定し、これを基に日々行動しています。

  • 01

    常に安全を最優先に
    行動します。
     

    1.規則を守り、安全作業に徹します。

    2.常に危険を予測して、確認会話・指差呼称を実施します。

  • 02

    お客さまの立場に立って、
    よりよいサービスを
    提供します。

    1.お客さまの要望を良く聞いて、良く確かめて、速やかに行動します。

    2.お客さまに対しては、誠意と思いやりを持って接します。

  • 03

    関係法令、社会のルール、
    会社の規則を守り、
    日々の業務に努めます。

    1.法令、規則に違反した行為は、黙認せずに注意しあい、迅速かつ正確に報告します。

    2.良き企業市民として、よりよい社会を創るために行動します。

  • 04

    健康で働き甲斐のある、
    明るく健全な職場作りに
    努めます。

    1.お互いに協力し合い、連携を取って行動します。

    2.差別、暴力、ハラスメントのない職場を作ります。

  • 05

    現状に満足せず、
    常にチャレンジ精神を
    持って行動します。

    1.前例にこだわらず、発想を転換してチャレンジします。

    2.難局にあたっても屈することなく行動します。

コンプライアンス・リスク管理

当社では、JGSグループコンプライアンス・リスク管理委員会を設置し、その確立と強化に力を注いでいます。
当社における、コンプライアンス体制とは、社内規則、社会的常識を含め「決められたことは守る」ということです。リスク管理とは、日常の活動において、リスクを見つけ出し、適切な処理を行います。仮に緊急事態に陥った場合にも、組織の機能を維持し、迅速に復旧できるよう、緊急時対策や復旧対策をあらかじめ策定し、企業内 (グループ) に潜在する様々なリスクを把握して、コントロールする活動のことです。

JGSグループコンプライアンス・リスク管理委員会組織

委員長
代表取締役社長
副委員長
業務監査部担当役員
委員
取締役および監査役
事務局
業務監査部

委員会の目的

法令や企業倫理を遵守する意識を、積極的に全グループ社員に浸透させ、未然に不祥事、トラブルを防止する仕組みを構築しています。また、企業倫理面に関するリスク情報を、全グループにて共有し、具体的な予防策を検討します。不幸にしてリスクが顕在化した時点で迅速な対応を可能とする組織体制を構築し、その影響を可能な限り極小化することで、企業基盤の安定化を目指します。

委員会の役割

  • 1.コンプライアンスおよびリスク管理の諸方針の策定
  • 2.JGSグループ行動基準の制定
  • 3.法令、企業倫理遵守等の考え方をグループ全社員に徹底する等のコンプライアンス土壌の育成
  • 4.日常業務を遂行する上で、法令、倫理面に反する行為が起こり得る可能性を抽出し、その予防対策を確立
  • 5.不祥事、トラブルが顕在化した場合に迅速に対応し得る組織体制の構築
  • 6.社内通報窓口の設置と通報者の保護制度を確立、推進し、問題点をさらに早期に把握できる環境の整備化

SDGsへの取り組み

世界を変えるための17の目標

持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals) は、2015年9月にニューヨークの国連本部で開催された「国連持続可能な開発サミット」で採択された、国際社会が2030年までに持続可能な社会の実現を目指すための具体的な目標です。世界中の誰一人として取り残さないことを誓い、150以上の国連加盟国首脳の参加のもと採択されました。ゴール1の「貧困を無くそう」から、ゴール17の「パートナーシップで目標を達成しよう」まで、17分野の目標が掲げられ、それぞれ密接不可分の関係です。JALグループは、SDGsの目標達成と持続可能な社会の実現に向け、事業を通じて社会の課題解決に取り組んでいます。

当社の取り組み

当社では、1999年より環境保全に対する取り組みをはじめ様々な活動を積極的に行っております。全社共通の目標として「できることからはじめよう」をキャッチフレーズに、今後もESGに関する4つの取り組みを軸に貢献することを目指します。

  • ・環境への取り組み
  • ・働き方、人財育成を通じた取り組み
  • ・地域社会への取り組み
  • ・ガバナンスへの取り組み

D&I推進

基本的な考え方

JGSグループでは、年齢や性別、国籍や障がいの有無、価値観や性的指向など、多様性を受け入れお互いを尊重し認め合い、一人ひとりの「個性」を十分に活かし、誰もが生き生きと活躍できる会社を目指しています。
D&Iの実現に向け、全社員一丸となって取り組み、成長し続ける会社を実現していきます。

D&I推進の取り組み

D&I推進にあたっては、お互いの個性を認め受け入れる文化の醸成、更なる生産性の向上を目指した環境の整備などに取り組んでいきます。また、先端技術を最大限活用していくことで働き方を見直し、誰もが長期にわたって安心して働くことが出来る職場づくりを目指します。

  • ・JALグループでの取り組みである「JAL D&Iラボ」(職種や部門の異なるメンバーが集いD&Iについて自律的に考える)へも2015年より継続し参加しています。
  • ・くるみんの取得(2019年)
    JGSでは、仕事と子育てを両立させるための継続的な取り組みの成果が認められ、次世代育成支援対策推進法に基づく厚生労働大臣による認定を取得しています。

女性活躍

JGSグループが成長発展していくためには女性社員の活躍は欠かせません。
女性のライフプランや働き方が多様化する中、様々な場面において能力を最大限発揮し目標に向かってチャレンジし続けるため、「社員の意識改革」「環境の整備」を軸に取り組んでいます。女性が活躍できるフィールドを広げ、一人ひとりがやりがいをもって働くことができるよう、積極的に取り組んでいきます。

シニア社員の再雇用

JGSグループでは、定年退職後も引き続き就労を希望する社員を継続雇用する枠組みを設けており、定年退職後もさまざまな職場で引き続き活躍しています。社員が長年培った経験・知識を引き続き活かすとともに、若手社員への技術の伝承を行い、専門性の高いプロフェッショナル集団の形成を通じて、世界のトップグランドハンドリンググループを目指しています。

グローバル人財の育成

JGSグループで長年築き上げてきた技術やノウハウを、海外空港への派遣を通じて展開しています。今後も海外事業を拡大し続け、海外での業務経験や異文化交流の機会を増やし、グローバルな人財へと育成していきます。
また、JGSグループで掲げている「世界のトップハンドリンググループ」を達成するため、海外でも活躍できる人財育成を目的に、社員の基礎英語力向上を目的としたプログラムを実施しています。受講者のみならず講師を社員から人選することで、講師自身の人財育成にも繋がっています。

当社では、寄付、自主プログラム、NPOとの協働事業などの社会貢献に、積極的に社員の参加や派遣を促す、活動を行っています。

活動事例

富里スイカロードレース
主催:千葉県富里市
活動概要:毎年、富里市で行われる「スイカロードレース (マラソン) 大会」の給水 (=スイカ) 所及び、手荷物一時預かりの手伝い
グランドハンドリング教室開催
主催:JALグランドサービス
活動概要:成田空港に隣接する航空科学博物館にて、グランドハンドリングの業務体験や紙飛行機教室等の開催
羽田大鳥居地区美化活動
主催:羽田大鳥居町会
活動概要:東京都大田区羽田大鳥居地区にて町の清掃活動(月1回)
里山整備ボランティア
主催:JALグランドサービス大阪
活動概要:兵庫県(宝塚市)が保有する里山の整備及び畑の耕作
席田地区体育祭
主催:席田地区自治会
活動内容:福岡空港近隣の席田地区において開催される体育祭に空港チームとして参加
スノーバスターズ
主催:青空東北会
活動内容:千歳市内、除排雪困難地域の除排雪ボランティア活動
Copyright® JAL Ground Service Co., LTD.
All Rights Reserved.
JAL HOME
  • Copyright® JAL Ground Service Co., LTD.
    All Rights Reserved.