CSR活動 CSR

安全を第一に考え、お客さまに満足していただける高品質なサービスを提供するために、当社では「社員行動基準」、コンプライアンス・リスク管理体制を実施しています。
行動規範を日々実行することで、社員一人ひとりが「頼れる人」として成長し、堅実な精神を保つための取り組みに全力を注いでいます。

JGSグループ「社員行動基準」

当社では、お客さまに信頼され、選ばれるJGSグループとなるために、JGSグループ『社員行動基準』を制定し、これを基に日々行動しています。

  • 01

    常に安全を最優先に
    行動します。
     

    1.規則を守り、安全作業に徹します。

    2.常に危険を予測して、確認会話・指差呼称を実施します。

  • 02

    お客さまの立場に立って、
    よりよいサービスを
    提供します。

    1.お客さまの要望を良く聞いて、良く確かめて、速やかに行動します。

    2.お客さまに対しては、誠意と思いやりを持って接します。

  • 03

    関係法令、社会のルール、
    会社の規則を守り、
    日々の業務に努めます。

    1.法令、規則に違反した行為は、黙認せずに注意しあい、迅速かつ正確に報告します。

    2.良き企業市民として、よりよい社会を創るために行動します。

  • 04

    健康で働き甲斐のある、
    明るく健全な職場作りに
    努めます。

    1.お互いに協力し合い、連携を取って行動します。

    2.差別、暴力、ハラスメントのない職場を作ります。

  • 05

    現状に満足せず、
    常にチャレンジ精神を
    持って行動します。

    1.前例にこだわらず、発想を転換してチャレンジします。

    2.難局にあたっても屈することなく行動します。

コンプライアンス・リスク管理

当社では、JGSグループコンプライアンス・リスク管理委員会を設置し、その確立と強化に力を注いでいます。
当社における、コンプライアンス体制とは、社内規則、社会的常識を含め「決められたことは守る」ということです。リスク管理とは、日常の活動において、リスクを見つけ出し、適切な処理を行います。仮に緊急事態に陥った場合にも、組織の機能を維持し、迅速に復旧できるよう、緊急時対策や復旧対策をあらかじめ策定し、企業内 (グループ) に潜在する様々なリスクを把握して、コントロールする活動のことです。

JGSグループコンプライアンス・リスク管理委員会組織

委員長
代表取締役社長
副委員長
業務監査部担当役員
委員
取締役および監査役
事務局
業務監査部

委員会の目的

法令や企業倫理を遵守する意識を、積極的に全グループ社員に浸透させ、未然に不祥事、トラブルを防止する仕組みを構築しています。また、企業倫理面に関するリスク情報を、全グループにて共有し、具体的な予防策を検討します。不幸にしてリスクが顕在化した時点で迅速な対応を可能とする組織体制を構築し、その影響を可能な限り極小化することで、企業基盤の安定化を目指します。

委員会の役割

  • 1.コンプライアンスおよびリスク管理の諸方針の策定
  • 2.JGSグループ行動基準の制定
  • 3.法令、企業倫理遵守等の考え方をグループ全社員に徹底する等のコンプライアンス土壌の育成
  • 4.日常業務を遂行する上で、法令、倫理面に反する行為が起こり得る可能性を抽出し、その予防対策を確立
  • 5.不祥事、トラブルが顕在化した場合に迅速に対応し得る組織体制の構築
  • 6.社内通報窓口の設置と通報者の保護制度を確立、推進し、問題点をさらに早期に把握できる環境の整備化

できることからはじめよう

当社では、1999年より、地球環境委員会を発足させ、環境保全に対する取り組みを積極的に行っております。全社共通の目標として「できることからはじめよう」をキャッチフレーズに、器材の燃料使用量抑制、アイドリング・ストップ運動、コピー用紙の使用量削減、地球環境保全に関する広報活動などを行っています。

  • 事例1

    左:新品タイヤ / 右:再生タイヤ(点線部分が貼り付け部分)

    GSE再生タイヤ
    非自走器材 (B・Pドーリー) の磨耗タイヤを廃棄することなく再利用するために、トライアルを実施してきました。その結果、安全性や品質に問題が生じなかったことから、2002年より導入を始めました。磨耗タイヤは90%以上の再生の効果があり、利用によってゴム廃棄量を抑制することができます。また、再生タイヤ購入価格は新品より安価です。環境保全にも貢献しつつ、経費抑制にもつながり、一挙両得の効果に値する活動のひとつです。
  • 事例2

     

    グリーン購入
    環境に配慮した製品やサービスを利用していくため、年間のグリーン購入額を総購入額の80%以上と設定しています。目安としては、各種の環境マーク付き製品を選択するようにしています。
    • ・事務用品
    • ・コピー用紙
    • ・プリンタ、FAX機
    • ・事務机

当社では、寄付、自主プログラム、NPOとの協働事業などの社会貢献に、積極的に社員の参加や派遣を促す、活動を行っています。

活動事例

千歳国際マラソン ボランティア
主催:北海道千歳市、(株) 日本航空
活動概要: 千歳国際マラソン時の給水所の手伝い
空港周辺道路美化活動
主催:成田市
活動概要:年2回、歩道清掃清掃
スイカロードレース大会
主催:千葉県富里市
活動概要: 毎年、富里市で行われる「スイカロードレース (マラソン) 大会の給水 (=スイカ) 所の手伝い
空の日エアポートフェスティバル
主催:新関西国際空港株式会社
活動概要:JALブース内にて車両展示とマーシャリング体験の実施
席田地区体育祭
主催:席田地区自治会
活動内容:福岡空港近隣の席田地区において開催される体育祭に空港チームとして参加
羽田神社祭り
主催:羽田青年連合会
活動内容:羽田神社の氏子にあたり開催されているお祭りにおいて、うちわの配布などボランティア活動を実施
Copyright® JAL Ground Service Co., LTD.
All Rights Reserved.
JAL HOME
  • Copyright® JAL Ground Service Co., LTD.
    All Rights Reserved.