JALグランドサービスの仕事 Our Business 08
  • 貨物

  • - 人々の生活を支える物流の出発点 -

小包から動物まで
扱う物は多種多様

お客さまが搭乗する機内の下には大きな貨物室があります。そこにはお客さまが空港で預けた手荷物のほか、その名のとおり貨物がぎっしりと積載されています。遠方に送られるそれらの荷物を扱うのが貨物業務で、航空機が駐機するスポットから少し離れた貨物上屋と呼ばれる大きな倉庫が働く現場となります。

この貨物上屋では、お客さまから預かった荷物を目的地ごとにコンテナに積みつけ、また到着した荷物をお客さまに引き渡すことが大きな作業となります。とはいっても、貨物で扱うものはじつにさまざま。家具や家電、生鮮食料品だけでなく、トラやイルカなどの大型動物をはじめ、精密機器や医療機器など特別な取り扱いが必要となるものもあります。JGSグループではそういった特殊なケースに対応できるノウハウも豊富に持っています。

また、航空貨物の最大のメリットは何と言ってもスピード感。例えば、羽田空港で出した荷物をおよそ3時間後に伊丹空港で受け取ることも可能です。インターネットショッピングが主流となり、全国各地から商品が取り寄せられるようになりました。しかも、注文した商品が翌日には届くこともあります。このような便利になった人々の生活を支えているのが貨物業務です。

航空機の安全を守る
正確な重量バランス

このように貨物は流通分野で大きな役割を果たしていますが、空の安全を守るためにも重要かつ重大な責務があります。空を安全に飛ぶためには重量バランスが非常に大事です。貨物のコンテナは重いもので1つ1トン以上にもなります。そのため、貨物が扱うコンテナの重量計測が重要になってくるのです。

スタッフ紹介

熱い想いを持つ
北海道の貨物スタッフ

1月下旬。冬本番の北海度は一面の雪景色。新千歳空港も例外ではなく、ターミナルから少し離れた場所にある貨物上屋にも冷たい風が吹き込む。コンクリートの床は所々凍り、気を付けていないと転んでしまう。

しかし、貨物スタッフにとってはこれが日常。預けられた荷物を丁寧にコンテナへ積み込んでいく。その一人が山本智久で、作業がひと段落した山本の体からはうっすらと蒸気が立ち上っていた。

グラハンの世界を
教えてくれた恩師

山本がこの世界に足を踏み入れたのは、北海道にある専門学校に通っていたときに出会った一人のグランドハンドリングマンの影響が大きい。

「もともと航空機や航空業界に興味があって専門学校に入学したのですが、そこでJGSグループから来られていたある教員と出会いました。講義の内容はもちろんですが、実際の業務内容や地上支援作業の色々な話を聞いて、すごく刺激を受けました。その方はいつも『JGSは面白い会社だぞ』とおっしゃっていて、『この人と一緒に仕事がしたい』と強く思うようになりました。後に短い期間でしたが、実際に貨物上屋で一緒に働くこともできて、これは私にとって人生の宝です」。

暮らしを豊かにする
航空貨物のスピード感

入社11年、新千歳空港の貨物担当一筋の山本は、国内物流を支える貨物を取り扱うことに特別な充足感を得ているという。

「農業や漁業をはじめとする第一次産業が盛んな北海道では、カニや鮭などの生鮮品、ジャガイモなどの野菜が多く運ばれてきます。『あ、もうこの季節か』って荷物に季節を教えられるくらい。朝早くに預かったこれらの貨物が、午後には東京のスーパーの店頭に並ぶことも珍しくないと思います。このスピード感を支えているのが私たちの仕事です。扱う物は航空貨物や郵便物といった『物言わぬお客さま』ですが、これが日本全国の人たちの暮らしに役立っているという、国内物流の最前線で働く使命感と充実感を日々、感じています」。山本の満ち足りた表情は、現在の仕事のやりがいを言葉以上に物語っている。

気持ちの引き締めが
ミスとトラブルを防ぐ

先に北海道らしい貨物の話が出たが、職場環境にもこの地特有で最も気を使っていることがあるという。

「冬の北海道は雪かきから仕事が始まります。北海道民には慣れっこですけどね」と笑う山本。さらに言葉を続ける。

「上屋内の床の凍結に最も注意しなくてはいけません。フォークリフトやトーイングトラクター(TT車)がスリップして、大事な貨物を傷つけてしまう危険があるからです。わずかな距離を滑ってしまうだけでコンテナ同士がぶつかったり、フォークがコンテナに刺さってしまうことも考えられますから」。新千歳空港ではこのようなことは起きていないが、だからこそ慢心しないように日々、注意喚起をしているという。

物流と安全を支える
縁の下の力持ち

「コンテナに凍り付いた雪と氷は、確実に落とさないといけません。計量時に残っていたら重量が変わってしまうからです。航空機が安全に飛ぶためには重量バランスがとても大事になるので、わずかな誤差も許されません。貨物スタッフにとって重量計測は細心の注意を払う作業です。空の安全を守るためにも、正確な重量計測と冬期の氷は特に注意しています」。

貨物スタッフは「縁の下の力持ち」と山本は言うが、物流の前線に立ち、安全なフライトにも大きな責任を持つ。それだけに、貨物スタッフのプロ意識は際立っている。

Copyright® JAL Ground Service Co., LTD.
All Rights Reserved.
JAL HOME
  • Copyright® JAL Ground Service Co., LTD.
    All Rights Reserved.