JALグランドサービスの仕事 Our Business 01
  • 搭載

  • - 離発着に直結する重要なポジション -

グランドハンドリングの
核となる役割

搭載が担当するのは、名前のとおり貨物や手荷物スタッフが用意したコンテナを航空機に積み込み、卸す業務です。

フライトを終えた航空機がスポット(駐機場)に到着すると、一斉に地上スタッフが動き始めます。パッセンジャー・ボーディング・ブリッジ(搭乗橋)が機体に接続されてお客さまが降機し始める頃には、すでに貨物室から次々にコンテナが運び出され、小さなトーイングトレーラー(TT車)が5つも6つもコンテナを引っ張って走り去っていきます。

同時に、お客さまが降機した航空機は、すぐに次のフライトに向けた準備を始めます。手荷物や貨物スタッフが準備したコンテナが機側に運ばれ、手際よく搭載されていきます。そして、お客さまが搭乗したら、いよいよ離陸に向けた最終段階となります。

搭載業務は、貨物や手荷物スタッフの仕事を引き継ぎ、到着空港の搭載スタッフに渡すという一連の流れのなかで、さまざまな部門のスタッフがかかわる重要な役割。グランドハンドリングの核となるポジションなのです。

いかなる状況にも
対処するロードマスター

搭載業務はフライトの安全と定時性を守る重要な役割を担っています。その業務を指揮するのがロードマスター(搭載監督者)と呼ばれる責任者。ロードマスターは作業工程を確認しながら、搭載業務全体を指揮していきます。航空機が安全に飛行するためには重量バランスがとても大事で、貨物室に搭載するコンテナはあらかじめ搭載場所が決まっています。所定の位置に搭載されているか、確実に固定されているかという最終確認は、このロードマスターが行います。

また、刻々と変わる現場の状況を見渡し、関係部署と連携を取ることもロードマスターの役目。例えば、コンテナは搭載順に用意されるとは限りません。貨物室の奥に積む予定のコンテナの到着が遅れることもあります。そういったイレギュラーが発生したときに、コンテナの搭載位置を決めるウエイト・アンド・バランス担当者などと連携しながら対処します。

このように、各スタッフの仕事の進捗、搭載貨物の状況、フライトまでの時間を正確かつ迅速に見極め、最適な判断を下すロードマスターは、多くの知識と経験、どんな状況にも対応できるカリキュラムを受けた者だけが就ける職種です。蛍光ジャケットに付けられたオレンジ色の帯……それはすべての搭載スタッフが憧れるロードマスターの証なのです。

スタッフ紹介

搭載も誘導もこなす
多才な女性スタッフ

タキシングウェイまで運ばれた航空機が滑走路に向けて動き出す。その傍らには、フライトの無事と素敵な空の旅を願って、航空機に手を振る3人の姿があった。

そのうちの一人で、航空機を見送って戻ってくる大きなトーイングカーのハンドルを握っていたのが、ランプサービス課に所属し、羽田空港で働く入社7年目の山口有里絵。「次は9番スポットで搭載作業です」。そう言い残した山口は、トーイングカーを降りて足早に去っていった。

テニスの世界から
グランドハンドリングへ

山口は驚きの経歴を持つ。「将来はテニスを職業にしようと思っていたくらいです」という山口は、インターハイやインターカレッジ、国体に出場するなど、全国の舞台で活躍したテニスプレーヤーだったのだ。

そんな山口がグランドハンドリングの世界に飛び込んだのは、この仕事の存在を知った10代の頃からの憧れが理由だった。

「高校生のときに友人からこの仕事のことを教えてもらいました。ちょうど航空機に携わる人たちのテレビドラマが放送されていたこともあって、航空機のそばで働くカッコ良さに惹かれました。実業団に進もうと考えた時期もありましたが、最終的にグランドハンドリングへの憧れが捨てきれませんでしたね」。

飽くなき向上心で目指す
究極のマルチプレーヤー

冒頭、トーイングカーを運転していた山口だが、そのキャリアは搭載業務からスタート。貨物コンテナをけん引する小さなトーイングトラクター(TT車)、お客さまが乗り降りするパッセンジャー・ボーディング・ブリッジ、航空機を誘導するマーシャリングや航空機をけん引するトーイングカーの資格を次々に取得してきた。

「自分の努力次第で色々な作業ができるようになることは、とても楽しいです。それだけ責任も増えますが、そこにやりがいを感じます」と語る山口。

現在、JALグランドサービスでは、各部門のスペシャリストの育成から、あらゆる部門に精通したマルチスキルを持った人財を育成する方向へシフトしている。そのため、山口のように搭載と誘導業務を兼任するスタッフが多い。

ロードマスターに対する
憧れと強い決意

こうして年々、仕事の幅を広げていく山口は、さらに高い場所を見据えている。それが搭載監督者であるロードマスターだ。

「搭載業務をする人にとって、ロードマスターは憧れのポジションです。そのためには取得しなくてはいけない資格もたくさんありますし、仕事のスキルや知識も身につけなくてはいけません。安全性と定時性を司るので、人間性も高めなくてはなりません。まだまだやること、学ぶことは多いですが、必ずこの夢を実現させます」と、山口は言葉に力を込めた。

安全と定時性を守るのに
年齢も性別も関係ない

ただし、グランドハンドリングの世界は圧倒的に男性が多く、女性ならではの苦労や葛藤があるのではないかと懸念してしまうのだが……。

「それは全然ないです。季節や天候に関係なく働くという面では大変に感じることもありますが、それはグラハンスタッフ全員同じですから。私以外にも女性スタッフもいますし、それに職場全体が明るくて、いい意味で体育会系というか。私、ずっとテニスをやってきたから、そういう雰囲気って好きなんです」と笑顔を見せる。

休憩中、同年代の女性スタッフはもちろん、歳の離れた男性先輩社員とも分け隔てなく談笑する山口。そこには、ともに安全や定時性を守っていく搭載スタッフの固い絆が感じられた。

自分自身が仕事を楽しむ
それがチームに伝播する

到着便から貨物コンテナを降ろし、次のフライトの貨物コンテナを載せていく。空港でよく見る光景だ。しかし、行っている作業は同じなのに、なぜかそのチームが作業する姿から目を離せない。

無事に航空機を送り出して戻ってきたそのチームの中心にいたのが、班長を務める中西瑞穂。「明るく、楽しく、元気よく。自分自身が仕事を楽しむ……それが私のポリシーです」という中西。その気持ちがチーム全体に浸透していることが、ほかとは違う「何か」を感じさせる要因だ。つまり、行動や動作が活き活きしていることに惹き付けられていたのだった。

仲良しを極めることが
何よりも強いと信じて

「仲間と一つのフライトをやり遂げることに楽しさとやりがいを感じます」。

グランドハンドリングの仕事について、そう語る中西。だが、中西のいう「仲間」は搭載スタッフだけを指しているわけではない。

「一度でも話したことがある人は、私にとって仲間、友達ですから。だから、機長にも客室乗務員にも整備士にも、どのセクションにも仲間がいます。よく、『仲良しだけではダメだ』と言われますが、私は仲良しを極めることが一番強いと思っています。仲間意識が強ければ強いほど、助け合える、意思が統一できる、頑張れる。仲間のために確実に丁寧に仕事をすることが、その先のお客さまにもつながりますし、空の安全にもつながっていきます」。

搭載業務の役割と責任
今日の笑顔が明日へと

中西はこの道10年になる搭載のスペシャリスト。安全なフライトに搭載業務が大きな役割と責任を負っていることを理解しているからこそ、先の言葉と信念が生まれた。このことに加えて、毎日心に刻んでいることがあるという。

「『今日の一日が笑顔で終われるように』ということを毎日の朝礼で話しています。私たち搭載の仕事は、到着便の荷物を降ろし、出発便の荷物を積むことで、次々に別の便へ移っていきます。ですが、私たちの仕事の後には、機長が操縦桿を握って航空機を飛ばし、機内で客室乗務員がお客さまに接しています。その仲間が無事にフライトを終えられることまで意識して仕事をすることが空の安全につながり、それが明日につながると思っています」。

会社の垣根を越えて
グループのリーダーに

中西は社内、社外活動にも積極的に参加しており、その一つにコミュニケーション・リーダー・ミーティング(CLM)という、JALグループ全体の集まりがある。これは会社の垣根を越えて交流を深め、意見交換することで、JALグループ全体の意思疎通、業務の円滑化を図ることを目的としたもの。ここで中西は全国のリーダーを務めた。

「リーダーといっても何もしていません。強いて言えば、参加しているみんなが仲間で、協力していこうと呼びかけたことくらい。各自が個性や特徴を活かして役割をこなしてくれました。ただ、リーダーとしての大仕事があって、JALグループの会長や社長を目の前にした活動報告。このときは緊張して手がブルブル震えました」と笑う中西。

言葉と行動で示すことが
仲間を惹き付ける魅力

何事にも積極的に取り組む中西の姿勢は、周囲の人も取り込んでいく力がある。中西の言葉を聞き、先頭に立つ背中を見ることで触発され、仲間は自然と歩みを合わせていく。

「仲間とか、仲良しとか、仕事を楽しくなんて、そんなことばかり言っていると勘違いされそうですね。もちろん、仲間だからこそ言える厳しさはありますし、仲間の言葉だから素直に聴ける。ただ、ワイワイ仕事をするのが楽しさではなく、例えば改善案を出し合って、試してみて、上手くいったりいかなかったり……。そういったチャレンジやトライをして、その気持ちを仲間と共有できることが楽しさです」。

中西には人を惹き付ける力がある。それを表すように、スタッフの休憩室で話す中西の周りには、自然と仲間が集まり、大きな輪ができていた。

Copyright® JAL Ground Service Co., LTD.
All Rights Reserved.
JAL HOME
  • Copyright® JAL Ground Service Co., LTD.
    All Rights Reserved.